体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

ダイエット 女性 身体の悩み

お腹ダイエットに欠かせない食事のワンポイント

投稿日:

AMI88_konobamukuhenoisisugi1264_TP_Vお腹を凹ませたい!
ダイエットしなきゃ!

という気持ちは多くの方が持っているハズ。

そんな時、真っ先に頭に浮かぶのが食事改善ではないでしょうか?

結論から言うと、お腹の脂肪を落とすなら食事改善は欠かせない!と肝に銘じましょう。

元来、お腹の脂肪、所謂ポッコリは食生活の乱れが原因と言えます。
ですから、日常の食生活を改善しない限り、痩せる・凹むということはないでしょう。
勘違いを解消する事が大事です。
○ 1日3食きちんと食べる
ダイエット系の悩みを持つ方で多いのが、1日2食に減らす、です。

このタイプは食べる時間も不規則な傾向があって、ダイエットになりません。
逆に太りやすい体質に改造されてしまいます。

※ 夜の食事(おやつ)を少なめにすると痩せる体質が近づきます。

当たり前の事を徹底する 
○ 脂肪分の多い食材は避ける
肉(霜降りは避けましょう。)やファーストフード、スナック菓子といった脂肪分が多い食物は見ない。
好きな人も多いでしょうが、脂肪分の多い食べ物は腹の脂肪がつきやすいです。

お腹を凹ませるなら、危険な敵ですから避ける他ありません。
肉はタンパク質豊富なので、食べても良いですが、脂が多いのも事実
できれば、魚や野菜を中心とした食生活が良いに決まってます。

お腹を凹ませるのに、キツイダイエットは必要ありません。当たり前の生活リズムと食材で7割クリアできますよ。
あと、勘違いとしては、部分やせって、ほぼ無理なので、お腹だけ痩せるではなく、体全体で痩せるしかありません。
食べては危険な食材も挙げたらキリがないですが
① ソーダ類は砂糖の塊なので避けた方が無難。
② ファストフードはカロリー多すぎ。

追加で上記2点は覚えておきましょう。
食事回数に関しても、3食キチンというのがリズムが作り易くて良いですが、どうしても小腹がすいて食べてしまう!
という方は、一日5食と決めて、その代わり1回の食事量を減らして、トータルで食事量が変わらないようにする、というのもアリですよ。

-ダイエット, 女性, 身体の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

漢方でじっくり妊娠体質を作る!焦りは禁物?

妊活で色々試してもなかなか成果がない、早く妊娠したいと焦る気持ちは分かります。 そんな気持ちに水を差すかもしれませんが、漢方を試してみませんか? 自然な形で妊娠したい!という気持ちなら、そういう体質に …

更年期障害にはスポーツがいいの?

更年期障害の予防・改善にスポーツが有効と古くから言い伝えられています。 スポーツが更年期障害の改善に効果的と言われる理由は以下の2つです。 ① 基礎代謝がアップする ② ホルモンバランスの調整 更年期 …

ズキズキとアソコの痛みが継続する

ズキズキと痛みが継続する子宮内膜症という病気があります。 月経痛が強いかな? 程度から進行していき、痛みが徐々に確実に強くなっていきます。 この子宮内膜症は月経血が卵管を通って腹腔内に侵入することで始 …

漢方が便秘の救世主になるのは本当!

実は便秘で困っている方って全国で1000万人以上らしいです。 当然、便秘薬で対処する方も多いですが、意外と副作用があるので注意が必要ですよ。 便秘薬を頻繁に使う弊害を紹介すると 薬を飲まないと排便でき …

尿漏れは何歳からが危険水域?20代でも

尿漏れの悩みは基本的に年齢に比例して増えていきます。 では、何歳位から注意が必要なのか? という質問が来るのですが、個人差があるので一般論として、30代や40代で悩みを感じる人が増えてきます。 この年 …