体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性 男性 頭の悩み

うつ病ってイメージはできているけど、実のところ何?

投稿日:

cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_sうつ病ってよく聞く言葉の割に、よく分かっていないのではないでしょうか?

まずイメージですが、
○うつ病っては几帳面で律儀、強い責任感の人がなる病気?
って思う人が多いと思います。

実際の処そのような「うつ病」の人は少ないらしいです。
現実的には「(現実)逃避」「職場結合」「未熟」「若年」といったキーワードが主流らしい。

うつ病の原因は、人それぞれですが、総じて「大きなストレス」に起因するのは理解できますね。

ストレスも、悪いこと・嫌なことの代名詞ですね。
実際はストレスを上手に使うのが活き活きと暮らすのに重要なのですが・・・・

現実の現代社会は仕事のストレス→うつ病
の流れはやはり多いみたいですね。

危ないのは中間管理職の人!

上司・部下の板挟みって激しいストレスです。
でも、このパターンしかない訳ではありません。

意外と

イヤなストレスで「うつ病」になるのではなく、

嬉しいストレスと思える事からも「うつ病」になってしまうんです。

例として
・ 結婚
・ 進学
・ 昇進

で、うつ病になる人います。

結婚自体が嫌で「うつ病」という訳でなく、新生活へのプレッシャー?
が原因らしい。

分かり易いのは
マリッジブルーでしょうか、これも軽いうつ病とみなす事できます。

結婚が嫌なのは、多くのバツイチ経験者や中年以降の人は共感できると思いますが、

結婚生活に対する不安・プレッシャーが原因となると、理解し難いかも?

しれませんね。

でも考えようによっては誰でも起こる可能性はあります。

同様に、昇進や進学で「うつ病」となると理解を超えますね。

分かり易い例は5月病でしょうか?
これも軽いうつ病といえるのでしょう。

傾向として、真面目な人は危険度が高いです。

真面目な人ほど理想と現実のギャップが大きく、そこにストレスを感じる傾向がありますからね。

-女性, 男性, 頭の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

更年期に漢方を飲むと症状が消える!その漢方薬とは

漢方? と驚く方も多いですが、その実力を見てみますと・・・ 結論からいうと、漢方で100パーセント治療、という薬みたいな話ではありませんね。 勿論、効果は個人差があるのが普通なので、症状軽減に役立った …

妊娠しやすい食べ物をチェックするのは妊活の基本ですよね!

妊娠し易い体を作るのに食べ物を重要視するのは当然と言えば当然です。 という訳で、まずは食生活の注意点から紹介します。 ① 3食バランスよく ② よく噛んで ③ 外食、インスタントは避ける 当然の話しか …

頭痛と吐き気が同時に襲ってきたら

頭痛で悩まされている人はたくさんいらっしゃると思います。 日常生活に支障をきたす頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)は、その場はなんとかなっても必ず後の仕事や家事に影響が出てしまい …

ファスティングダイエットはリバウンドの危険大?

ダイエットは沢山の種類があります、注目のファスティングダイエットもそうですが、一番怖いのはリバウンドです。 ダイエットを頑張っている時は良いのですが、一段落ついた時に体重が元に戻る、逆に以前よりも増え …

no image

知らないと損!意外と知らない低体温の真実

「低体温!」と聞いて、「それって何?」と思った人が大半でしょう。 ある意味 何となく身体の温度が低い事。。。私いつもだよ、で終わる人も多いでしょうね。 実際、低体温と言っても、病名ではないです。 でも …