体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性 男性 頭の悩み

うつ病ってイメージはできているけど、実のところ何?

投稿日:

cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_sうつ病ってよく聞く言葉の割に、よく分かっていないのではないでしょうか?

まずイメージですが、
○うつ病っては几帳面で律儀、強い責任感の人がなる病気?
って思う人が多いと思います。

実際の処そのような「うつ病」の人は少ないらしいです。
現実的には「(現実)逃避」「職場結合」「未熟」「若年」といったキーワードが主流らしい。

うつ病の原因は、人それぞれですが、総じて「大きなストレス」に起因するのは理解できますね。

ストレスも、悪いこと・嫌なことの代名詞ですね。
実際はストレスを上手に使うのが活き活きと暮らすのに重要なのですが・・・・

現実の現代社会は仕事のストレス→うつ病
の流れはやはり多いみたいですね。

危ないのは中間管理職の人!

上司・部下の板挟みって激しいストレスです。
でも、このパターンしかない訳ではありません。

意外と

イヤなストレスで「うつ病」になるのではなく、

嬉しいストレスと思える事からも「うつ病」になってしまうんです。

例として
・ 結婚
・ 進学
・ 昇進

で、うつ病になる人います。

結婚自体が嫌で「うつ病」という訳でなく、新生活へのプレッシャー?
が原因らしい。

分かり易いのは
マリッジブルーでしょうか、これも軽いうつ病とみなす事できます。

結婚が嫌なのは、多くのバツイチ経験者や中年以降の人は共感できると思いますが、

結婚生活に対する不安・プレッシャーが原因となると、理解し難いかも?

しれませんね。

でも考えようによっては誰でも起こる可能性はあります。

同様に、昇進や進学で「うつ病」となると理解を超えますね。

分かり易い例は5月病でしょうか?
これも軽いうつ病といえるのでしょう。

傾向として、真面目な人は危険度が高いです。

真面目な人ほど理想と現実のギャップが大きく、そこにストレスを感じる傾向がありますからね。

-女性, 男性, 頭の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

尿漏れと便秘の相関関係?直球の解決策とは!

便秘は多くの女性が持つ悩みの一つですが、尿漏れと便秘には相関関係がある事をご存知でしょうか? 結論を言うと、便秘の人は尿漏れになり易いです。 そもそも、便秘は腸の中に便が数日間宿泊しつづけた状態です。 …

生理痛の症状ってどんな症状?

生理痛の症状ってどんな症状なのでしょうか? 生理痛は月経困難症と呼ぶこともあります。症状というか、程度は人によって個人差があり、人それぞれ異なってきます。 代表的な症状は頭痛、腹痛、腰痛です。 人によ …

更年期障害と薄毛って関係あるの?

更年期障害と言えば、様々な障害が体に降って沸いてくるというイメージがありますが、薄毛も更年期障害と深い関係があると言われています。 基本の話をすると、更年期障害の時期になると女性ホルモンの分泌量が減少 …

頻尿っていうけど一日何回トイレにいくのかな?

頻尿ってあまりよくないイメージで聞きます。トイレの回数が多い事を言うのですが、実際1日に何回で妊尿というのでしょうかね。 基本事項として トイレの回数は昼に5~6回程度、夜に1~2回が普通と言われます …

尿漏れは何歳からが危険水域?20代でも

尿漏れの悩みは基本的に年齢に比例して増えていきます。 では、何歳位から注意が必要なのか? という質問が来るのですが、個人差があるので一般論として、30代や40代で悩みを感じる人が増えてきます。 この年 …