体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性 年齢 身体の悩み

意外と知らない更年期障害への対処法

投稿日:

f91e884c3ea9c0c925d4f9046d4c4226_s更年期障害って時々聞きますが実際どんな状態になるのか説明するのは意外と難しいです。

更年期と呼ばれるのは主に40~55歳頃

症状としては卵巣機能が低下して閉経となる事を言いますが・・
閉経が原因で女性ホルモン、卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名ですね。
この女性ホルモンの分泌量が減って自律神経の働きが乱れます。

そうすると
・ 頭痛
・ 動悸
・ 不眠
・ イライラ

といった精神的・肉体的な不調を感じます。

更年期は誰でも、いつかは迎える時期があると言われます。
まれに更年期にさしかかっても症状が出ない人もいるようですが・・・

稀に上記とは違う症状
・ 身体が火照る
・ 体は冷える
・ 便秘がちなのに突然下痢になる

というような症状が矛盾する事もあるようですね。

こういう更年期障害による症状のほとんどの原因が、(加齢による)女性ホルモンの減少や乱れです。
これに付随して、タイミング的に生活リズムの変化によるストレスが要因の一つとなります。

この時期は
1. 子供の独立
2. 親の介護
というような家庭のリズム変化が一般的に多いという事ですね。。
勿論 職場でも重要な仕事を任されるような時期でもあります。こちらもストレスですね。

ストレスは上手に利用してイライラではなく、程よい緊張となれば良いのですが・・・

実際に病院で治療を行うと女性ホルモンを充填するといいます。
ホルモン充填治療は、症状が重い人には効果が高いらしいですよ。

後は症状緩和の対症療法が主流で、
・ 抗うつ薬
・ 漢方薬
・ 頭痛薬
・ 睡眠導入剤
といった薬対応が中心です。

薬以外では
・ 食事制限
・ サプリメントの摂取

といった薬との併用での対処ですね。

意外ですが男性も更年期障害が起きるので(症状の進行がゆっくりらしい)一応留意しておく必要があります。
男性は男性ホルモンの減少なので、男性ホルモン充填治療です。

-女性, 年齢, 身体の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

腹巻や靴下が妊娠にいいって本当?

妊活で体を冷やしてはいけない! これは真実ですし、口酸っぱく言われる内容ですね。 となると腹巻や靴下が妊娠にいいといわれるのも当然でしょう。 腹巻や靴下を上手に使用して、冷えを予防する事で妊娠する確率 …

生理痛の症状ってどんな症状?

生理痛の症状ってどんな症状なのでしょうか? 生理痛は月経困難症と呼ぶこともあります。症状というか、程度は人によって個人差があり、人それぞれ異なってきます。 代表的な症状は頭痛、腹痛、腰痛です。 人によ …

「どうせ続かない?」いやいや妊娠マッサージは簡単継続で!

妊娠しやすい体を作るのに、マッサージは有効なのか? 結論から言うと、有効でしょう。理由は冷えを改善できるから、となります。 冷えは不妊の原因の1つで、妊娠の為の重要ポイント6か条の1つ。 これを解消す …

尿漏れは何歳からが危険水域?20代でも

尿漏れの悩みは基本的に年齢に比例して増えていきます。 では、何歳位から注意が必要なのか? という質問が来るのですが、個人差があるので一般論として、30代や40代で悩みを感じる人が増えてきます。 この年 …

腹筋すればお腹痩せできる

ぽっこりお腹を撃退するのに、最も直接的な手段が腹筋運動でしょう。 勿論、効果はあります。。正しい腹筋ならば・・・ 正直、効果はあるけれど、お腹痩せに関して期待ほどの結果を出してくれないのが腹筋運動とも …