体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性 年齢 身体の悩み

意外と知らない更年期障害への対処法

投稿日:

f91e884c3ea9c0c925d4f9046d4c4226_s更年期障害って時々聞きますが実際どんな状態になるのか説明するのは意外と難しいです。

更年期と呼ばれるのは主に40~55歳頃

症状としては卵巣機能が低下して閉経となる事を言いますが・・
閉経が原因で女性ホルモン、卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名ですね。
この女性ホルモンの分泌量が減って自律神経の働きが乱れます。

そうすると
・ 頭痛
・ 動悸
・ 不眠
・ イライラ

といった精神的・肉体的な不調を感じます。

更年期は誰でも、いつかは迎える時期があると言われます。
まれに更年期にさしかかっても症状が出ない人もいるようですが・・・

稀に上記とは違う症状
・ 身体が火照る
・ 体は冷える
・ 便秘がちなのに突然下痢になる

というような症状が矛盾する事もあるようですね。

こういう更年期障害による症状のほとんどの原因が、(加齢による)女性ホルモンの減少や乱れです。
これに付随して、タイミング的に生活リズムの変化によるストレスが要因の一つとなります。

この時期は
1. 子供の独立
2. 親の介護
というような家庭のリズム変化が一般的に多いという事ですね。。
勿論 職場でも重要な仕事を任されるような時期でもあります。こちらもストレスですね。

ストレスは上手に利用してイライラではなく、程よい緊張となれば良いのですが・・・

実際に病院で治療を行うと女性ホルモンを充填するといいます。
ホルモン充填治療は、症状が重い人には効果が高いらしいですよ。

後は症状緩和の対症療法が主流で、
・ 抗うつ薬
・ 漢方薬
・ 頭痛薬
・ 睡眠導入剤
といった薬対応が中心です。

薬以外では
・ 食事制限
・ サプリメントの摂取

といった薬との併用での対処ですね。

意外ですが男性も更年期障害が起きるので(症状の進行がゆっくりらしい)一応留意しておく必要があります。
男性は男性ホルモンの減少なので、男性ホルモン充填治療です。

-女性, 年齢, 身体の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

尿漏れと便秘の相関関係?直球の解決策とは!

便秘は多くの女性が持つ悩みの一つですが、尿漏れと便秘には相関関係がある事をご存知でしょうか? 結論を言うと、便秘の人は尿漏れになり易いです。 そもそも、便秘は腸の中に便が数日間宿泊しつづけた状態です。 …

思っている以上に辛い、「吃音症(どもり)」

吃音って読みにくい言葉ですが、世間的には「どもり」と言われて「コミュニケーション障害」の一種です。 皆で(対面)で話をしていて「私は…」 と言う時に「わ。わ。私は」という具合に言葉がでない人を指します …

更年期障害と薄毛って関係あるの?

更年期障害と言えば、様々な障害が体に降って沸いてくるというイメージがありますが、薄毛も更年期障害と深い関係があると言われています。 基本の話をすると、更年期障害の時期になると女性ホルモンの分泌量が減少 …

尿漏れの原因を知れば対策が出来ます。

あなたも尿漏れに悩まされているのですね。 悩み解決の第一歩は原因を知る。原因を知らないと対策を練る事が出来ないこらです。 尿漏れの代表選手は腹圧性尿失禁です。この症状の主な原因は骨盤底筋の低下です。 …

整体で更年期障害が改善できる?

更年期障害が整体で改善できる? 結論からいうと、整体で更年期障害を改善することは可能らしい。 更年期症状はストレスの多寡で症状が大分違う、というのはあります。 となれば、自律神経の乱れを改善する整体が …