体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性 身体の悩み

頻尿は女性の方が多い、症状改善に取り組むべし

投稿日:

bf52cf72e249bdc5645a85f26049baa1_s人間って年を取ると身体のあちこちが具合悪くなってきます。

例としては
① 目の働きが衰えて老眼や白内障などになる
② 膝とかの関節が衰えてリウマチ、関節症などになる
③ 頻尿になる

今回は頻尿をテーマにするのですが、女性より男性の方が多いというイメージでしたが、実は女性の方が頻尿になる人がとても多いみたいです。

それは女性特有の原因がいくつかあるからなのですが・・・

① 更年期による閉経が要因で女性ホルモンが低下
膀胱が過敏になってしまい頻尿を引き起こす

② 尿道や膣の周りの括約筋で形成されている骨盤底筋群が緩む
尿が出きらず残尿感が残り、それが頻尿を引き起こす原因になる
尿道には尿が出るのを防ぐ栓の役割があり、骨盤底筋群が緩むと失禁につながる。

③ 自律神経の衰え
自律神経が衰えると、排尿がうまくコントロールできずに何度もトイレに行ったり、
膀胱が神経過敏になってしまって少し尿が溜まっただけでも尿意を感じて、頻尿になる。

④ 過活動膀胱
トイレが近い(頻尿)、急におしっこがしたくなる(切迫感)、漏らす(失禁)を引き起こす疾患
女性は尿道が短いので尿漏れし易いのですが加齢により排尿筋が収縮し症状が現れます。

このように加齢に伴い症状が現れる頻尿は、老化現象なので仕方のないことです。

基本的に痛みとかなければ、上手く付き合っていくしかありません。でも、もし、痛みを伴うものであれば、早期に対処することが大切です。早めに病院を受診して、尿意を抑える薬を処方してもらってください。
普段の暮らしでは水分を少々控えたりするなど、されている方が多いでしょうが、水分補給は大事なので、出来れば沢山の水を飲んで欲しいと思います。

頻尿と水分補給・・・

難しいですね、頻尿の症状は年齢と共に症状が重くなる可能性が高く、そうなると旅行とか辛いですし、おむつが必要になる可能性もあります。

となると、頻尿改善に取り組むのが大事!!

となります。
食べ物では
ギンナン、ノコギリヤシ、イソサミジン等が良いとされています。

運動では
骨盤底筋を鍛える骨盤底筋体操が良いとされています。

生活では
身体を温めて血行を良くする=適温でゆっくり入浴が良いとされています。
正直、食べ物はどうやって食べて良いのか分かりませんが、骨盤体操や入浴なら取り組めそうです。

習慣になるまで、がんばって継続すれば、次第に改善が見込めそうですよ。

できるだけ短期で症状を改善したいなら、病院での治療か頻尿の専門対策に取り組むしかありません。

女性の為の頻尿改善マニュアルを泌尿器の専門医 楠山弘之博士

が出されているので、紹介しておきます。
確認してみて下さい。


>>(女性のための) 頻尿・尿漏れ改善マニュアル

-女性, 身体の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

産後ダイエットのやり方って色々ある

妊活が注目されている昨今、産後ダイエットも同様の注目を浴びています。 最近は、妊娠出産後に、モデルや芸能人が現役に復帰する姿をよく見ますね。その姿から、出産を終えた女性の間で「産後ダイエット」が流行る …

no image

女子らしい内股歩きで尿漏れになる!正しい歩き方とは

尿漏れと言うとくしゃみの時とか、我慢できなくてつい・・ とか、色々なシーンで考えられます。 原因も年齢的な事。。と特に気にしていないのが普通なのですが、歩き方次第で良くも悪くもなると聞くと気になります …

更年期障害と薄毛って関係あるの?

更年期障害と言えば、様々な障害が体に降って沸いてくるというイメージがありますが、薄毛も更年期障害と深い関係があると言われています。 基本の話をすると、更年期障害の時期になると女性ホルモンの分泌量が減少 …

尿漏れしやすい人の傾向を知り対策を練る?

尿漏れって恥ずかしい感じですね。 基本的に女性は誰でも尿漏れし易いのですが、参考迄に尿漏れしやすい人の傾向を紹介します。 以下に記す人は尿漏れ可能性が高いので注意しましょう。 ① 女性 ② 尿道に問題 …

健康診断で血糖値が高かった。。食事改善かぁ

健康診断等でさりげなく検査されている血糖値。 血糖値って大事だ! とよく言われます。血糖値が高い為に病気になる、と言われる病気の代表選手は 「糖尿病」です。 糖尿病の怖さはまた紹介しますが、今回は血糖 …