体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性 年齢 男性

頻尿対策の現実を知ろう

投稿日:

a0002_001195頻尿と聞くと、高齢者で男性の症状?
って思ってしまう方って多いみたいです。

実は女性のほうが頻尿で悩む人が多いという話もありますからご注意下さい。

この頻尿ですが、非常につらいです。仕事、遊びを問わず集中して取組んでいても、尿意を感じたら気持ちが集中しません。

頻尿は、いろいろな原因があるので一言では言えませんが、重い病気のサインである可能性もあるので、定期的な検診か、頻尿を感じた際に医療機関で確認した方が無難です。

前立腺肥大症や膀胱炎などの泌尿器系の疾患からくる頻尿は、泌尿器科で疾患治療が基本です。
泌尿器以外の原因の過活動膀胱や神経性頻尿は勿論対策が必要ですが、セルフケアでも対処可能かもしれません。

過活動性膀胱
小さい頃から尿意を我慢する機会が少ないと、膀胱が小さくなって、頻尿になる可能性があります。
膀胱訓練で対処可能でしょう。

膀胱訓練は、膀胱に尿を溜めやすくする訓練です。
尿意を感じても五分程度我慢

トイレに行く
(1日三回程度行って訓練します)
繰り返すと尿が溜まる量が増え、頻尿の改善になります。

神経性頻尿
膀胱に異常はなく、精神的に尿意を気にしすぎる傾向がある方

尿意やトイレの回数などを気にし過ぎないことが一番の対策。
先ほどの膀胱訓練は実は神経性頻尿の方に効果が高いです。
注意点は我慢している間、なるべく尿のことを考えず、尿意を紛らわせる事ですね。

その他のポイントとしては
頻尿の人は適度に水分補給する事。
逆に、水分を摂り過ぎてしまうと、体に必要である水分以外は汗や尿として外に出そうとするので、かえって頻尿の原因になります。。。

利尿作用のあるコーヒーやお茶の摂り過ぎも、頻尿を助長してしまう恐れがあるため、摂り過ぎには十分に気をつけてください。

-女性, 年齢, 男性
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腹筋すればお腹痩せできる

ぽっこりお腹を撃退するのに、最も直接的な手段が腹筋運動でしょう。 勿論、効果はあります。。正しい腹筋ならば・・・ 正直、効果はあるけれど、お腹痩せに関して期待ほどの結果を出してくれないのが腹筋運動とも …

ファスティングダイエットのやり方(重要)

ファスティングダイエット、酵素ドリンクでのダイエットが女性中心に根強い評価です。まだ実践していない人はチェックして取り組んでみて下さいね。 ファスティングダイエットの基本的な指針は、以下の通りです。 …

成功者多数の妊娠サプリで体質改善しませんか?

妊活で大事なのはストレスのない状況で、必要な栄養を取り、冷え性等の阻害要因を排除する事。 となれば、食べ物に注意するのは当然の話です。 とは言え、葉酸、ビタミンC,E、カルシウムといった栄養をバランス …

「どうせ続かない?」いやいや妊娠マッサージは簡単継続で!

妊娠しやすい体を作るのに、マッサージは有効なのか? 結論から言うと、有効でしょう。理由は冷えを改善できるから、となります。 冷えは不妊の原因の1つで、妊娠の為の重要ポイント6か条の1つ。 これを解消す …

エクササイズで妊娠体質作る簡単な方法

妊娠にエクササイズが効くというのは分かりやすいですね。 お奨めの手法を紹介しておきます。 ① 両足を肩幅と同じくらいに開き ② 腰に両手を添え ③ 手の力によって左右に少し腰を動かします。 ④ 手を骨 …