体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性 年齢 男性

頻尿対策の現実を知ろう

投稿日:

a0002_001195頻尿と聞くと、高齢者で男性の症状?
って思ってしまう方って多いみたいです。

実は女性のほうが頻尿で悩む人が多いという話もありますからご注意下さい。

この頻尿ですが、非常につらいです。仕事、遊びを問わず集中して取組んでいても、尿意を感じたら気持ちが集中しません。

頻尿は、いろいろな原因があるので一言では言えませんが、重い病気のサインである可能性もあるので、定期的な検診か、頻尿を感じた際に医療機関で確認した方が無難です。

前立腺肥大症や膀胱炎などの泌尿器系の疾患からくる頻尿は、泌尿器科で疾患治療が基本です。
泌尿器以外の原因の過活動膀胱や神経性頻尿は勿論対策が必要ですが、セルフケアでも対処可能かもしれません。

過活動性膀胱
小さい頃から尿意を我慢する機会が少ないと、膀胱が小さくなって、頻尿になる可能性があります。
膀胱訓練で対処可能でしょう。

膀胱訓練は、膀胱に尿を溜めやすくする訓練です。
尿意を感じても五分程度我慢

トイレに行く
(1日三回程度行って訓練します)
繰り返すと尿が溜まる量が増え、頻尿の改善になります。

神経性頻尿
膀胱に異常はなく、精神的に尿意を気にしすぎる傾向がある方

尿意やトイレの回数などを気にし過ぎないことが一番の対策。
先ほどの膀胱訓練は実は神経性頻尿の方に効果が高いです。
注意点は我慢している間、なるべく尿のことを考えず、尿意を紛らわせる事ですね。

その他のポイントとしては
頻尿の人は適度に水分補給する事。
逆に、水分を摂り過ぎてしまうと、体に必要である水分以外は汗や尿として外に出そうとするので、かえって頻尿の原因になります。。。

利尿作用のあるコーヒーやお茶の摂り過ぎも、頻尿を助長してしまう恐れがあるため、摂り過ぎには十分に気をつけてください。

-女性, 年齢, 男性
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

育毛剤の価値観は女性と男性で異なります

最近は女性の育毛剤がとても売れ行きが良いらしいですね。中でも「柑気楼」は女性の支持がとても多いみたいです。薬用育毛剤のロングセラーの商品と言えば「柑気楼」で通りますね。 育毛剤系は正直難しいです。 と …

更年期障害にはスポーツがいいの?

更年期障害の予防・改善にスポーツが有効と古くから言い伝えられています。 スポーツが更年期障害の改善に効果的と言われる理由は以下の2つです。 ① 基礎代謝がアップする ② ホルモンバランスの調整 更年期 …

ファスティングダイエットの罠にはまるな!

ファスティングダイエットは非常に有効な手段ではあるのですが、幾つか注意した方が良いポイントがあります。 以下のようなことに注意してください。 ① 無理は禁物 ② 体調が悪いときは避ける ③ 連続は避け …

どもりって原因不明の謎の症状なのですが・・

人と話しをしている時に、どもってしまう。 最初の言葉に詰まってしまう。 単語の最初がなかなか出てこない。 相手からは言葉の端々が聞き取れない。と言われる。 正直辛いですね。 この症状は、 どもり 、な …

ストレッチすればお腹が痩せる?

毎年、夏になると水着が着れない! なんとかしなきゃ! って、よく聞く悩みです。 解決方法は基本ダイエットなのですが、ダイエットの基本は食事と運動。。 食事も運動も長続きしないのが難しい 特に運動は嫌な …