体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

身体の悩み

喘息って実は怖い病気だった?

投稿日:

eb5c41f487f7b7b5eedb9f1e59d83760_s喘息って言葉としては知っているけど、どんな病気か知ってる人は意外と少ないです。

気管支喘息とも言いますが、簡単に説明すると

身体の仲の空気の通り道=気道が、

① 炎症を起こしていて
炎症起こすと気道が狭くなり、敏感になる

② 狭いので空気 が通りにくくなる
敏感なので、水、ホコリ、タバコの煙でも刺激として反応してしまう。

③ 反応すると、更に気道が狭くなり、息苦しくなる
発作が始まり、ヒューヒューという独特の呼吸音がでる
咳込んだりする

④ 夜中や明け方に集中的に発作が出やすい。
昼間は意外な程、発作が起こらない。

喘息の方は昔は少なかったですが、最近の子供には増えているようです。人数にすると400万人以上いるようです。

原因は色々考えられて
① 最近の家にアレルゲンが増えた事
② 排気ガス、工場排煙(これがイメージですね。)
③ 過労やストレス
④ 清潔すぎる環境(意外ですね!)
上記が主な原因と言われています。

気道の炎症で気道が狭くなるのですが、そのうち気道粘膜が変化して、気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまう可能性があるそうです。

という訳で、喘息は早期の治療で、継続的に治療を行なっていくことが非常に大切です。症状が少し改善しても気道の炎症は完全に治るには時間が必要です。

「もう大丈夫!」と治療をやめると危険です。勝手に中断することで、炎症悪化により重症になったという話は結構多いですよ。

喘息は基本的に完治が難しい、上手に付き合っていく病気といわれています。
治療方法とかはまた別の機会に紹介しますね。

-身体の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クエン酸で体臭予防の下地を作る

クエン酸は、体臭予防に効果的だといわれています。 男性は体臭で悩むケースが多いので、色々試していると思いますが、スプレー等のデオドラントも一時的な効果でしかありません。やはり食事を中心に根本治療を目指 …

花粉症の薬と人気薬

花粉症って辛いですね、当然病院で薬を処方されるのですがその薬もイロイロです。 主に処方薬は、以下のようなものです。 ① 抗アレルギー薬 ② 抗ヒスタミン薬 ③ ステロイド(副腎皮質ホルモン剤) とは言 …

アルコール頻尿のうんちくと注意点は知っておこう

アルコールが原因で、頻尿になる場合があるのをご存知でしょうか? 友人との楽しいお酒っていいですよね。でもそんな時に妙にトイレに行く回数が増える、と思いませんか? 簡単に言うと、アルコールには利尿作用が …

血糖値を甘く見ると大変ですね

血糖値は年齢を重ねる度に気になる数値と言えます。 糖尿病の予備軍とも言える高血糖善は非常に大事。 主な対処方法は食事と運動と言われますね。 今回は食事に関して情報提供します。 食べ過ぎないがテーマです …

頻尿っていうけど一日何回トイレにいくのかな?

頻尿ってあまりよくないイメージで聞きます。トイレの回数が多い事を言うのですが、実際1日に何回で妊尿というのでしょうかね。 基本事項として トイレの回数は昼に5~6回程度、夜に1~2回が普通と言われます …