体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

身体の悩み

喘息って実は怖い病気だった?

投稿日:

eb5c41f487f7b7b5eedb9f1e59d83760_s喘息って言葉としては知っているけど、どんな病気か知ってる人は意外と少ないです。

気管支喘息とも言いますが、簡単に説明すると

身体の仲の空気の通り道=気道が、

① 炎症を起こしていて
炎症起こすと気道が狭くなり、敏感になる

② 狭いので空気 が通りにくくなる
敏感なので、水、ホコリ、タバコの煙でも刺激として反応してしまう。

③ 反応すると、更に気道が狭くなり、息苦しくなる
発作が始まり、ヒューヒューという独特の呼吸音がでる
咳込んだりする

④ 夜中や明け方に集中的に発作が出やすい。
昼間は意外な程、発作が起こらない。

喘息の方は昔は少なかったですが、最近の子供には増えているようです。人数にすると400万人以上いるようです。

原因は色々考えられて
① 最近の家にアレルゲンが増えた事
② 排気ガス、工場排煙(これがイメージですね。)
③ 過労やストレス
④ 清潔すぎる環境(意外ですね!)
上記が主な原因と言われています。

気道の炎症で気道が狭くなるのですが、そのうち気道粘膜が変化して、気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまう可能性があるそうです。

という訳で、喘息は早期の治療で、継続的に治療を行なっていくことが非常に大切です。症状が少し改善しても気道の炎症は完全に治るには時間が必要です。

「もう大丈夫!」と治療をやめると危険です。勝手に中断することで、炎症悪化により重症になったという話は結構多いですよ。

喘息は基本的に完治が難しい、上手に付き合っていく病気といわれています。
治療方法とかはまた別の機会に紹介しますね。

-身体の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お腹がへこむエステの施術が凄い

モデルのようなくびれは、女性の憧れであるのは間違いありません。長期戦でダイエットに努力する傍ら、エステでお腹痩せコースを受けようと思っている人も多いのではないでしょうか? 効果の程が不透明ですし、料金 …

ビタミンEって肩こり、五十肩に効果がある?

ビタミンEって聞いたことはあっても、余り知らないというのが普通ではないでしょうか? 意外と凄いビタミンEを紹介しますね、生まれは、1922年です。 アメリカでハーバート・エバンス氏とキャサリン・ビショ …

お風呂に入れば体臭が改善する?

体臭の悩みを持つ方が最初にするのはお風呂でゴシゴシと言われます。 ただ、お風呂に入れば臭いが消える、とはならないのが世の中です。 とは言え、体臭を改善したいなら、必ずお風呂に入る必要があります。 基本 …

頻尿は女性の方が多い、症状改善に取り組むべし

人間って年を取ると身体のあちこちが具合悪くなってきます。 例としては ① 目の働きが衰えて老眼や白内障などになる ② 膝とかの関節が衰えてリウマチ、関節症などになる ③ 頻尿になる 今回は頻尿をテーマ …

頻尿っていうけど一日何回トイレにいくのかな?

頻尿ってあまりよくないイメージで聞きます。トイレの回数が多い事を言うのですが、実際1日に何回で妊尿というのでしょうかね。 基本事項として トイレの回数は昼に5~6回程度、夜に1~2回が普通と言われます …