体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

女性

子宮筋腫と聞くと怖いイメージがありますが

投稿日:

4874aeb73ad31e0ce1fbc473b77e8160_s子宮筋腫という言葉を女性なら聞いたことあると思います。
30歳以上の女性に増えると言われていて、言葉通り子宮の筋肉に腫瘍ができるのが子宮筋腫です。

腫瘍というと怖いイメージもありますが、良性腫瘍です。腫瘍ですが良性ですから、放置していても初期の間なら特に問題が生じる事はありませんよ。

自覚症状はあまりないという方が多く、検査とかで分かる事が多いです。
健康診断や妊娠時の定期健診とかですね。

良性なので心配いらない、と言っても徐々に大きくなりますし、症状が出る事もあります。
症状の代表例としては
① 月経での出血量が増える
② 月経痛が起きる
③ 内臓が圧迫され、腹部の張りを感る
④ 生理に血の塊が・・・

といった感じです。普通の生理に少し重い感じがしますね。
稀に性交痛を感じたり、腰痛や頻尿になったり、不妊症状があらわれます。これ等はちと苦しいです。

脅かすようですが、深刻と思うのが月経過多になった場合ですね。
① 出血量が増える事で貧血
② 心臓に大きな負担が掛かる

という症状に発展行う場合も可能性としてはあります。

子宮筋腫は発見されても、成長が見えず、深刻な症状がなければ、経過観察のケースが多い病気です。
特に妊娠中は治療は出来ませんので、妊娠予定があるなら治療をするほうが良いでしょう。

妊娠予定がなければ、閉経の時に子宮筋腫は縮小するのが普通です。
一応子宮筋腫があっても妊娠に問題はありませんが、症状が重い方は妊娠し難かったり、流産しやすくなる可能性がありますのでご留意下さい。

ちなみによく間違われますが、子宮筋腫と子宮肉腫は別です。肉腫はイワユルがんなので、一大事です。子宮肉腫と子宮筋腫は似ているケースが多いので、病理検査かMRIで診断してもらうのがベターでしょうね。

-女性
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

更年期障害にはスポーツがいいの?

更年期障害の予防・改善にスポーツが有効と古くから言い伝えられています。 スポーツが更年期障害の改善に効果的と言われる理由は以下の2つです。 ① 基礎代謝がアップする ② ホルモンバランスの調整 更年期 …

辛い花粉症が治るって、本当?

花粉症の治療法って、薬のむだけじゃない! って思うかもしれませんが、最近は多少種類があるようですよ。 基本的には下記の治療が主流です。 ① 薬物療法 ② 手術 ③ 免疫療法 圧倒的多数が薬物療法。所謂 …

漢方でじっくり妊娠体質を作る!焦りは禁物?

妊活で色々試してもなかなか成果がない、早く妊娠したいと焦る気持ちは分かります。 そんな気持ちに水を差すかもしれませんが、漢方を試してみませんか? 自然な形で妊娠したい!という気持ちなら、そういう体質に …

アルコール頻尿のうんちくと注意点は知っておこう

アルコールが原因で、頻尿になる場合があるのをご存知でしょうか? 友人との楽しいお酒っていいですよね。でもそんな時に妙にトイレに行く回数が増える、と思いませんか? 簡単に言うと、アルコールには利尿作用が …

意外と知らない更年期障害への対処法

更年期障害って時々聞きますが実際どんな状態になるのか説明するのは意外と難しいです。 更年期と呼ばれるのは主に40~55歳頃 症状としては卵巣機能が低下して閉経となる事を言いますが・・ 閉経が原因で女性 …