体の悩み相談、今さら聞けない!

女性にとって、いや男性にとっても体の悩みはイロイロあります。「誰かに聞きたいけれど、今さら聞けない」「調べるのも上手にできない」そんな悩みに応えられるよう様々な体の事を記していきます。参考にして下さい、そして悩みを解消しましょう。

身体の悩み

健康診断で血糖値が高かった。。食事改善かぁ

投稿日:

-shared-img-thumb-OY151013599586_TP_V健康診断等でさりげなく検査されている血糖値。

血糖値って大事だ!

とよく言われます。血糖値が高い為に病気になる、と言われる病気の代表選手は

「糖尿病」です。

糖尿病の怖さはまた紹介しますが、今回は血糖値を下げる、をテーマにします。

血糖値を下げる為に、医者が必ず指導する内容は「生活習慣の改善」です。

そして最も重要なのは、食事と運動の2つの言葉になります。

まずは食事から説明します。
我々は食事をします。食事をすることで血糖値が上がります。
本来、上がった血糖値は2時間程度で元の状態になるのですが、この働きが弱くなると血糖値が高い状態になります。

そして”血糖値が高い状態”は良くない、と言われます。

運動が良いとされるのは、運動でエネルギーを消費すると血糖値が下がるからです。

血糖値を下げるために
① 「血糖値を上げ過ぎない食事」
② 「血糖値を消費する運動」

が大切、というのは当たり前の話なんです。

血糖値を下げる為の運動って何?

答えとしては

有酸素運動運動

がベターと言われます。

有酸素運動の代表選手としてウォーキングを紹介します。誰でもできる運動だからですね。

血糖値対策の運動は、激しい運動は必要なく、「毎日続ける」がテーマとなります。
人間の身体の状態を変化させる、というのは日々の習慣が重要だと言うことです。

ダイエットでも同じなのですが、基本、嫌な事(好きなモノを我慢する等)を続けるのは非常に辛いです。

だから多くの人が挫折するのですが、血糖値に関しては、しばらく悪い状態を経由して糖尿病になると、医者から強制的に食事の制限を貰えます。

この食事制限を無視していると、目が見えなくなったり、足を切断したりと、結構恐ろしい現実と戦う事になりますから、がんばりましょうね。

話を戻すと、運動ですが、今日沢山運動したので明日はお休み。
は良くないです。少しずつでも運動は継続する事が大事です。

例外として血糖値が高い方で運動を避けるケースがあります。
先天的にインスリンが分泌出来ないタイプの1型糖尿病の方が該当します。運動ではインスリンの分泌を促進する事は出来なくて、逆にエネルギーを使い果たして倒れてしまう事があります。

この例外事項に当てはまらない方は、後の辛い現実を避ける為にも、しっかりウォーキングをしましょう。(ウォーキングに限りません、好きなスポーツがあればそれが一番です。)

既に血糖値が高く、何度挑戦しても運動が継続できない

という方は薬なし、注射なしの食事だけで血糖値をさげる
血糖値に特化した食事にチャレンジしてはどうだろう?42ac0c50caf8c5829053eea6cdae3eda_s

食事は運動と違い、必ず食べるものですから。
というか運動が難しいなら食事しかない、というのが現実です。

運動なしで血糖値を下げようとするのなら、その分、効果的な食事が求められるのは当然です。その効果的な食事というのは、いろいろな本を読んだりして研究するのが妥当です。

が、正直難しいかもしれません。闇雲にチャレンジすると肉や高カロリーは一切×で・・・
と長続きしそうにないプランを作るか、自分に甘いプランを作るか
どちらかになりそうです。

そういう訳で、きちんと方向性を示してくれ、長続きさせる為に前向きな努力を応援してくれる強力な味方が必要ではないか、と考えます。

血糖値対策の強力な味方として「食事で血糖値を下げる」事を専門にされている藤代さんの食事法が評判が良いので紹介しておきます。是非チェックして見てください。


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

-身体の悩み
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

骨盤ダイエットはバスタオルって今や常識

骨盤ダイエットは、歪んだ骨盤を矯正することでダイエットしようという話です。 家庭でも簡単に出来て主にバスバスタオルを使って行います。 簡単な方法を紹介します。 ① バスタオルとヘアゴムを用意 ② バス …

腹筋すればお腹痩せできる

ぽっこりお腹を撃退するのに、最も直接的な手段が腹筋運動でしょう。 勿論、効果はあります。。正しい腹筋ならば・・・ 正直、効果はあるけれど、お腹痩せに関して期待ほどの結果を出してくれないのが腹筋運動とも …

意外と知らない更年期障害への対処法

更年期障害って時々聞きますが実際どんな状態になるのか説明するのは意外と難しいです。 更年期と呼ばれるのは主に40~55歳頃 症状としては卵巣機能が低下して閉経となる事を言いますが・・ 閉経が原因で女性 …

クエン酸で体臭予防の下地を作る

クエン酸は、体臭予防に効果的だといわれています。 男性は体臭で悩むケースが多いので、色々試していると思いますが、スプレー等のデオドラントも一時的な効果でしかありません。やはり食事を中心に根本治療を目指 …

頻尿っていうけど一日何回トイレにいくのかな?

頻尿ってあまりよくないイメージで聞きます。トイレの回数が多い事を言うのですが、実際1日に何回で妊尿というのでしょうかね。 基本事項として トイレの回数は昼に5~6回程度、夜に1~2回が普通と言われます …